FXを始めよう!

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な資金

FXに興味があるけれど、最初にどのくらいの費用が必要なのか分からない人も多いでしょう。
FXは少ない元手でも大きな利益を狙えるという特徴はありますが、いくつかの注意点もあります。
FX取引をしたい場合、FX取引会社に口座を開設して、担保となる証拠金を預け入れます。
この資金は会社によって違い、新規口座開設に必要な初回最低入金額、初回最低預かり証拠金と呼ばれているものや、取引開始に必要な最低証拠金、維持保証金、有効証拠金率などと呼ばれているものもあります。
また、FX投資では、売買手数料などのコストが低く抑えられていて、無料という会社が主流となっています。
売買手数料が無料の会社は、元手に手数料分は考えなくてもいいです。
手数料が有料の会社ならば、1万通貨単位当たり片道100〜500円程度なので、その分をプラスして入金をします。
最初に口座にどのくらいあればいいのか、取引に必要な証拠金額がいくらなのかは会社によって異なります。
会社によっては、最低取引単位が決められておらず、自由に設定できるところもあります。
FXは少ない証拠金でレバレッジを効かせて大きな利益を得ることが可能で、これがメリットでもあります。
しかし、必要以上にレバレッジを効かせすぎると大きな損失となってしまうこともあります。
そういった意味でも必要な元では人それぞれの投資スタイルによって違うとも言えます。
FXは簡単に利益を得られますが、大きな損失が出る可能性も高い投資です。
初心者の場合は、なるべく低いレバレッジで高リスクにならない程度に始めることが望ましいと言えるでしょう。

最近急上昇のこのネタ、以下サイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2017FXを始めよう!.All rights reserved.