FXを始めよう!

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

FXの確定申告

外国為替証拠金取引で得た利益は課税対象となるので、税金についての知識も持っておいた方がいいでしょう。
FXで発生した利益は雑所得扱いとなり、利益の発生した翌年の2〜3月に確定申告を行い、納税をします。
FX取引の利益は、確定した売買差益とスワップポイントによる利益です。
保有中のポジションの含み益に関しては基本的に課税対象にはなりません。
申告義務が発生するのはFXも含めて雑所得で得た利益の合計が、1年間で20万円以上となった場合です。
20万円以下ならば雑所得がなければ、申告をする必要はなく、納税義務もありません。
雑所得とは、公的年金、非営業用貸金の利子、著述業や作家以外の人が受ける原稿料や印税、講演料、放送謝礼などです。
これらの合計額が年間20万円以上の場合は確定申告が必要です。
ただし、他に収入のない専業主婦の場合、基礎控除額の38万円以上の雑所得となった場合、確定申告が必要となります。
また、雑所得の申告では、税務署の判断で必要経費として認められるものがあり、利益から差し引くことができます。
その際は、領収書や売買報告書などがひつようとなります。
必要経費として認められるものは、売買手数料、振込手数料、郵便料金などの通信費、プロバイダー費用の一部、一部のパソコン購入費、新聞や関連雑誌代、セミナー参加費などです。
また、取引に損失がある時も、利益から控除することができます。
ただし、FX以外の雑所得の損益と合算することは不可能です。

最近急上昇のこのネタ、以下サイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2017FXを始めよう!.All rights reserved.