FXを始めよう!

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

取引の時間帯

株式などと違い、ほぼ24時間で取引が可能です。
メンテナンスの関係で一時的に早朝の取引ができないことがありますが、それ以外はほぼ1日中取引ができるので、自身が自由な時間に取引ができるのも人気の理由の1つです。
外国為替市場は、時差の関係などで、取引の中心になるマーケットが徐々に変わります。
日本時間を基準にすると、取引の中心になる市場は次のようになります。
4時頃ニュージーランドのウェリントン市場、6時頃オーストラリアのシドニー市場、8時頃東京市場、10時頃シンガポール市場、14時頃バーレー市場などの中東マーケット、16時頃イギリスのロンドン市場、21時頃アメリカのニューヨーク市場です。
ニューヨーク市場の終わりが翌日の午前6時なので、そのころにはウェリントン市場やシドニー市場の取引はスタートしています。
このように、時差の関係で各国のマーケットが順番に開いていくので、外国為替取引は24時間の中で、必ずどこかの国のマーケットが開いています。
なので、基本的には24時間取引が可能なのです。
また、午前4時頃など少し曖昧にしたのは、外国為替市場は株式市場のように一斉に取引をしないからです。
その時間の前後から徐々に市場参加者が増え、取引が少しずつ盛り上がり、最後は徐々に市場参加者が減っていきます。
この流れの中で、東京市場の取引が活発に行われている時間帯が東京時間で、ロンドン市場の取引が活発に行われている時間帯がロンドン時間というように呼ばれています。
ちなみに、夏時間は4〜10月、冬時間は11〜3月、冬時間は夏時間に1時間プラスします。
このように外国為替市場が24時間取引可能なため、FXもほぼ24時間取引が可能なのです。
そのため、自身の好きな時間に取引ができるので、利便性が高いとされています。
基本的に外国為替市場で最も取引量が多いのは、ニューヨーク市場です。
重要な経済指標の発表、投機的な市場参加者の動きなど、様々な要因で為替レートが大きく動く時間帯でもあるので、投機的なトレードをしたいという人は、この時間帯を狙うのがいいでしょう。
自身の都合のいい時間だけでなく、トレードのスタイルによって適した時間帯のマーケットを選ぶことも、有利なトレードを進めるには重要です。

最近急上昇のこのネタ、以下サイトで情報収集しましょう

Copyright (C)2017FXを始めよう!.All rights reserved.