FXを始めよう!

検索する
Web サイト内

FXとは

FXとは、為替関係者の間だと「Foreign Exchange(外国為替)」のことを指しますが、一般的には外国為替証拠金取引という外貨投資商品のことをいいます。
外国投資商品には、外貨預金や外貨MMFなど様々なものがありますが、FXはこれらとは全然違う性質を持っています。
外貨預金などで投資を行う場合、基本的には手持ちの円を売って外貨を購入し、金融商品に投資をします。
しかし、FXは通貨そのものを売買します。
円を売って米ドルを買う、米ドルを売ってユーロを買うなど異なる2つの通貨の一方を売って、もう一方を買う取引です。
つまり、通貨そのものを売買します。
例えば、外貨預金にお金を預ける時、手持ちの円を売って外貨を買います。
1ドルを90円で考えると、1万ドルの外貨預金を作成する場合、90万円の資金が必要です。
外貨預金などの金融商品はこのように外貨を買うところから始まります。
しかし、FXは証拠金という担保をFX取扱会社に預けておけば、どの通貨をかる場合でも、あるいは円を売って外貨は買う場合でも自由に行えます。
基本的に外貨建て金融商品は外貨を買うことから取引を始めるので、円高の場合は為替差損が生じますが、FXは円高でも円を売れば為替差益を得ることができます。
FX取扱会社に預ける証拠金は、取引したい外貨の5%程度を預ければ取引が可能です。
1ドルが90円で1万ドルの外貨を取引したいとき、証拠金は90万円の5%でいいので4万5000円となります。
このように、小額の資金から取引ができるので、為替手数料などのコストが割安で、24時間いつでも売買が可能だというメリットがあります。
特に、コストが非常に安いという点がFXの人気の秘訣のようです。
通常、外貨預金などの場合、円を米ドルに替える際、為替手数料が1米ドルにつき1円、満期などで米ドルを円に替える際も1米ドルにつき1円かかるので、往復で2円の為替手数料がかかってしまいます。
最近では、為替手数料を引き下げる金融機関もありますが、それでもFXにはかなわないようです。
記事を共有する このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2016FXを始めよう!.All rights reserved.